Requires a javascript capable browser.

ガイソー鳥取店

ブログ

外壁塗装でベージュを選ぶ際のポイント!おしゃれにするための注意点もご紹介!

2023.11.27
 近々外壁塗装を考えている方々、特にベージュ色に興味を持っている方に向けて、ベージュ外壁に関する情報をお届けします。
ベージュの外壁塗装は、その落ち着いた色合いと多様性で人気がありますが、その選び方や施工には様々なポイントが存在します。
本記事では、ベージュの外壁塗装の施工事例から、その注意点と対処法まで、幅広くご紹介します。
 

□ベージュ外壁塗装のおしゃれな施工事例をご紹介!

 

*ベージュの多様性

 
ベージュと一言でいっても、その種類は多種多様です。
ノーマルベージュ、ライトベージュ、モカベージュ、オレンジベージュ、ピンクベージュと、そのバリエーションは豊富です。
各色にはそれぞれ特有の魅力と用途があり、その選び方一つで家の印象が大きく変わるのです。
 
1.ノーマルベージュ
ノーマルベージュは、イエローとブラウンの中間色で、明るさと落ち着きが絶妙に調和しています。
この色は周囲とも調和しやすく、どんな環境にも溶け込む力を持っています。
ただし、全体に塗装すると色見本よりも濃く見えることがあるため、その点は注意が必要です。
 
2.ライトベージュ
ライトベージュは、基本のベージュよりも白に近く、汚れも目立ちにくいため人気があります。
特に、自然調の家やナチュラルなイメージを持つ家によく用いられます。
窓や玄関の階段もこの色で統一すると、優しい印象が際立ちます。
 
3.モカベージュとオレンジベージュ
モカベージュは、ベージュに黒やこげ茶のニュアンスが加わり、大人っぽい印象を与えます。
一方、オレンジベージュは、ノーマルベージュよりも赤や黄色のニュアンスが強く、元気や個性を感じさせます。
これらの色は、特定のテーマ性や個性を強調したい場合に最適です。
 
4.ピンクベージュ
ピンクベージュは、温かみ、明るさ、清潔感が高いバランスでまとまる色として人気です。
特に、大きな三角屋根や外壁全体に使われた場合、その印象は非常に強くなります。
この色は、他の色との組み合わせも非常に重要で、特に石柄や濃いめのブルーグリーンと相性が良いです。
 

□ベージュ塗装の落とし穴!注意点と対処法を把握しよう!

 
1.色の統一性とメリハリ
ベージュの外壁にする場合、その周りのパーツまで同じ色にすると、メリハリがなくなります。
このような状態は避け、暗い色を選ぶことで、ベージュの色が引き立ちます。
特に、黒やこげ茶などの暗い色は、ベージュとの相性が非常に良いです。
 
2.原色との組み合わせ
ベージュと原色との組み合わせは、避けるべきです。
強い赤や黄色、青などは、ベージュの色味からかけ離れており、統一感が失われます。
その代わり、黒や白、または色味の似ている茶色系を選ぶと、統一感が出やすく、見た目も美しくなります。
 
3.良い例と悪い例
ベージュの外壁塗装には、成功例と失敗例があります。
成功例を参考にすることで、より魅力的なデザインが可能です。
失敗を避けるためにも、事前に多くの情報を集め、慎重に選びましょう。
 
4.その他のポイント
ベージュの外壁塗装には、他にも多くのポイントがあります。
例えば、ツートンカラーを採用する場合、黒や白、茶色系の色から選ぶと良いでしょう。
また、外壁以外のパーツにも暗い色を選ぶことで、全体のバランスがよくなります。
 

□まとめ

 
今回は、ベージュの外壁塗装について、その多様性と落ち着いた色合い、そして注意点と対処法についてご紹介しました。
ベージュは多様性があり、その選び方一つで家全体の印象が大きく変わる可能性があります。
施工事例や注意点をしっかりと把握し、失敗しない外壁塗装を目指しましょう。
この記事が、皆様の外壁塗装選びの参考になれば幸いです。
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップ
ブログ
> 外壁塗装でベージュを選ぶ際のポイント!おしゃれにするための注意点もご紹介!